47都道府県のうち、コールセンターを目的とした企業誘致等で助成制度を有している多数の地域に、複数事業者が展開。
コールセンター拠点数は、2009年9月現在で550ヶ所以上、依然としてコスト削減を目指したコールセンター地方展開の需要が高い。
数年前まで沖縄や北海道札幌市に集中していたが、以下の事由により最近では東北、日本海側、また九州圏へ拡大。
・ 通信費が大幅に下がり、地域差が殆ど無くなってきた為
・ 地方自治体のコールセンターへの理解が深まり、助成制度が充実してきた為
・ 現地雇用、特に若い人材を採用する際、教育制度により方言を克服できる為
備考: 本文中リックテレコム社発行コンピューターテレファニー誌からの情報が一部含まれています。
Copyright (C) 2010 Nihon Intelligence Corporation. All Rights Reserved.